2017年9月アーカイブ

2017年9月10日

一般的には臭いとされる彼氏のニオイで落ち着く理由|恋愛のふしぎ

今の時代には、彼氏のニオイを嗅ぐ事により、安心するという人も多くなっています。その中で、どんな理由が挙げられるのでしょうか。実際に本人には、伝えることが出来ないという事も事実ですが、生物的に見て、自然な反応と言えるのです。今回はその理由を紹介していきます。

■匂いフェチだから
彼氏の匂いを嗅ぐと気持ちが落ち着くという人の中には、匂いフェチという人も多いと言われています。自分の好きなタイプのニオイに対する反応が他の人よりも大きく、彼氏のニオイを嗅ぐ事により、良い気持ちになったり、安心出来たりするのです。匂いフェチの特徴としては、彼氏のニオイを嗅ぐと落ち着くという人は、落ち着くだけでなく、気分が高場することも多いようです。彼氏のニオイを嗅ぐと安らぐけど、同時にワクワクする気分になるというのが特徴となっています。

■遺伝子が合っている
生物学的な見方になると、彼氏のニオイを嗅ぐ事により落ち着くという人は、2人の遺伝子が関係していると言われています。自分が意識している、していないという事は関係なく、自分のDNAが彼氏のニオイを心地よいと認識するので、どうしてもそれを求めるようになるのです。

■男性的な魅力を感じる
恋愛中の場合には、彼氏に対して男性としての魅力を感じ続けていきたいと感じます。大衆を代表格に、男性が体から発する匂いには、男性特有のフェロモンがあります。匂いを通して発せられるそのフェロモンに男性としての魅力を感じるので、彼氏のニオイを嗅ぐと落ち着いたり、安心したりすることが出来るのです。男性のニオイが放つフェロモンは、力強い色気が含まれていて、色気は男性特有となっていて、女性にはありません。

■愛着を感じるようになった
彼氏と長く付き合う事により、彼氏の匂いも長く触れる事になります。長く慣れ親しむという事が次第に愛着に変わっていきます。その結果、その匂いがないと落ち着かないと感じてしまう場合も多いと言われています。実際に小さいころに、ぬいぐるみなどを抱いて寝ている場合などは、いくつになっても手放す事が出来ないという事がありますが、それと同じなのです。安心感を求めて彼氏やパートナーのニオイを嗅いでしまうという女性も少なくありません。

■本能的に察知するから
本当に彼氏を愛して、大切になっている女性にとっては、彼氏のニオイなしではやっていけないというくらいに、彼氏の匂いに愛着を示します。男性と女性は生理学的に、嫌い合う匂いの者同士が男女関係に結びつくことはないと言われています。彼氏のニオイで安心するという人は、肉体的に免疫が強く、子孫を残すことができる力を持つ男性は、彼女に対して嫌いな匂いを発する事はないと言われています。

実際に好きな人と一緒にいたいと感じる時って女性は、体の関係だけでなく、抱きしめられるだけでも嬉しく感じることが多いと思いますが、その安心感もあり、彼氏のニオイで落ち着くことが出来て、安心感を得ることが出来ると思います。

わきがのニオイを消すクリームオススメはコレ

自分が意識していない場合でも、自分の遺伝子や細胞が彼氏のニオイを本能的に求めているという事も言えます。彼氏の体臭が好きか嫌いかという事をきちんと見極める必要もありますが、生の体臭を嗅ぐ事により、安心できるか、落ち着くかという事で、安心感を得ることが出来た場合には、そばにずっといることが出来ます。

実際に付き合っている間、匂いが気になったり、避けたいと感じと側にいることもできませんし、付き合う事も出来ないと思います。縁があり、巡り会えたという事は何よりもお互いが求め合っている証拠ではないかと感じます。

嫌な匂いの人は、実際に出会った場合でも友達のままとか、頭の中に入ってこないという傾向にありますが、自分がやっぱり落ち着けるという相手の場合には、自分から求めるという事も少なくありません。

匂いが好きで安心できる環境の場合には、何よりもそばにいたいと感じますし、一緒にいるだけでも楽しいと感じたり、ワクワクするという傾向にあります。何より大切なことは、自分の彼氏のニオイで落ち着くことが出来るかどうかで、自分の居場所になるかならないかに繋がっていくのです。

体の関係を持つことになった場合でも匂に抵抗を感じる場合には、拒否してしまうと言われているので、お互いを求めあう事はないようです。何よりも自分が求める人は自分が相手の匂いで落ち着くことが出来る、安心する事が出来る、自分の居場所となっていくということが自然な流れになっています。

このアーカイブについて

このページには、2017年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。